フォト

« 栄将棋教室指導対局【2/26(土)】 | トップページ | A級順位戦解説会【大須演芸場】 »

2011年3月 1日 (火)

将棋界の一番長い日

今年もついにこの日がやってまいりました。
A級順位戦最終日、通称「将棋界の一番長い日」です。

ここまでの成績を整理してみましょう。
6勝2敗:森内俊之九段(3)、渡辺明竜王(9)
4勝4敗:高橋道雄九段(2)、谷川浩司九段(6)、郷田真隆九段(7)、久保利明二冠(10)
3勝5敗:三浦弘行八段(1)、丸山忠久九段(4)、木村一基八段(5)、藤井猛九段(8)
※()内は前期順位

そして最終戦の対戦組合せは以下。
森内九段vs久保二冠
丸山九段vs渡辺竜王
高橋九段vs藤井九段
谷川九段vs郷田九段
木村八段vs三浦八段
※左側が先手番
※青字は挑戦の可能性がある棋士、赤字は降級の可能性がある棋士


上記のように最終日まで挑戦者、降級者が確定していない白熱の展開となっています。
藤井先生が残るにはまず勝つことが前提で、久保二冠or丸山九段が負けると残留です。久保二冠and丸山九段の相手は挑戦争いをしている森内九段と渡辺竜王なのでどちらかが負ける確率は結構高いと思います。ですので勝てば残留と信じて頑張ってください!(・ω・)っ

木村八段は前節で相当危険な状況でしたが最終日自力となっていますので頑張ってもらいたいです。

明日は初めてとなりますが大須演芸場の解説会に行ってみたいと思っています☆

それとなんとなく詰め将棋を載せておきます。
ツイッターで他の方が載せていたのを転載。

20110301a

解くのに1時間くらいかかりましたがなんとか解けて安心。
詰め将棋ほとんどやらないのにこれはハードルが高すぎましたw

« 栄将棋教室指導対局【2/26(土)】 | トップページ | A級順位戦解説会【大須演芸場】 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将棋界の一番長い日:

« 栄将棋教室指導対局【2/26(土)】 | トップページ | A級順位戦解説会【大須演芸場】 »