フォト

« 今週の注目対局【2/7~2/11】 | トップページ | 今週の注目対局【2/14~2/18】 »

2011年2月12日 (土)

将棋倶楽部24-その2-

パーフェクトディフェンス祭り

最近の将棋倶楽部24の戦いからパーフェクトディフェンスの棋譜を4つ紹介します。
全て24三段以上との将棋です。

①四間穴熊vsPD

せっかく王手のかからない穴熊に囲っているのに相手からそれを放棄してきたので一方的な展開になりました。また中央の応対が新構想ですが意外と上手くいったので似たような展開になればしばらく使ってみようと思います。

②四間美濃vsPD

パーフェクトディフェンスは相手に銀冠にしっかり囲われて「どうするの?」と言われるとあまり手がない戦法。本譜のように相手が玉頭から動いてきてくれると圧勝できる可能性が高いです。(本譜は終盤の応対を間違えましたが)

③四間美濃vsPD

端でもらった小駒で中央を押さえて優位拡大するPDの例です。

④四間穴熊vsPD

仕掛けてから歩の使い方が上手くいった一局。穴熊にすると攻め手が乏しいのでパーフェクトディフェンス側は安心して事を進めれます。


今見てみると全てパーフェクトディフェンス側が後手番でしたね^^;
もうすぐ天下一将棋会2を始めると思いますが持ち時間が短いのでこういう戦法はかなり有効です。天下一に限らず切れ負けの将棋にも使えますね。他にも裏芸は色々あるので戦法で飽きることはありませんw

これを見てパーフェクトディフェンス党が増えてくれると面白いのですが(笑)

« 今週の注目対局【2/7~2/11】 | トップページ | 今週の注目対局【2/14~2/18】 »

将棋倶楽部24」カテゴリの記事

コメント

私は立場上パーフェクトディフェンスはしないでしょうから
四間側を持つことになりそうですが
私は③の51手目に12歩とか嫌がらせしてみます
飛車廻りの阻止と後に45桂~11歩成・・・とか角の睨みもあって
いけそうかなと少し思ったけど、そうでもない気もしてきましたw
実際に持ち時間ない将棋でPDされたら自信ないですねw

>djsrさん
そうですね▲1二歩は一番嫌な反撃です。今回の場合は更に先手の角道も通っているので厳しいです。後手はおそらく△4四銀として反撃や玉を中央へ逃げやすくしておく事になると思います。

角道通ってない場合は状況によっては▲1二歩を玉で取りにいって間に合う場合もあるのですが^^;

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 将棋倶楽部24-その2-:

« 今週の注目対局【2/7~2/11】 | トップページ | 今週の注目対局【2/14~2/18】 »