フォト

« 謹賀新年 | トップページ | 今週の注目対局【1/10~1/14】 »

2011年1月 6日 (木)

小牧R【1/4(火)】

1/4(火)の小牧Rに参加しました。今年最初の一般大会です。今年の将棋の目標の1つに一般大会年間100局を挙げたからには積極的に参加していかなければ。

A1、A2、B、CのうちA2級(各自のその時のレーティングにより振り分けられる)に参加。12名によるスイス式システムで4局指しました。

結果は2勝2敗の指し分けでした。
今回は新年初対局ということで1局目を紹介します。

私の先手で相手が居飛車だった為最近良く採用している「魔界四間飛車」に。まだこの戦法に慣れないところも多く試行錯誤中ですが中盤以降は良くなり快勝。
自分よりレーティングの高い人に勝ったりして指し分けでも点数は少し上がったくらいですし負け越さなかったので良しとしましょう(・ω・)


新年初対局は実際にはネットで指しました。
昨年に続き参加の24名人戦です。
1/1正月に指した1局を紹介します。

相手の先手四間に対してパーフェクトディフェンスで対抗。中盤での相手の対応がまずく優勢になってからは押し切りました。桂馬の跳ね違いが2度もでてくるという珍しい事も起こりました。
その後1/2に2局指して2敗で通算1-2に。まだ先は長いので気を取り直して今週の対局を頑張ります。


新年でプロ棋界の対局も少ないのでまたまたこの場を借りて今週の注目対局【1/3~1/9】を。いつもは土日は入れてませんがタイトル戦があるので。

1/6(木)

渡辺明竜王vs広瀬章人王位:棋王戦挑戦者決定戦変則2番勝負第2局(PC中継・携帯中継有)
<対戦成績2-2>※対戦成績は2001年度以降のものです。

※変則2番勝負(敗者復活組の渡辺竜王は2連勝が必要)ですが年末の第1局に竜王が勝ち面白くなりました。再度の相穴熊戦が予想されますがこの1局で挑戦者が決まる為大熱戦が予想されます。

1/8・9(土・日)

久保利明二冠vs豊島将之六段:王将戦七番勝負第一局
<対戦成績3-1>※対戦成績は2001年度以降のものです。

※徳島県鳴門市「大塚国際美術館」にて行われます。連盟のHPには中継情報が全くありませんがまさかないのでしょうか^^;そうだとしたらせっかく土日に行われるのに残念です。
竜王戦では最高峰の戦いが楽しめましたが王将戦の挑戦者は若い豊島六段。私は豊島将棋をあまり知らないのでどのような戦いになるのか良く分かりませんが楽しみです。

« 謹賀新年 | トップページ | 今週の注目対局【1/10~1/14】 »

一般大会」カテゴリの記事

コメント

阪田流向かい飛車みたいな四間飛車ですねw
オリジナル戦法??なのでしょうか。
32手目の64歩は疑問ですね。
わたしなら86歩を突き捨てて64銀左でしょうか?
それで良いかどうかわかりませんがw

>DJSRさん
いらっしゃいませ☆
そうですね~角交換してない阪田流という感覚でしょうか。
「魔界四間」でぐぐって頂ければ何かしらヒットするかと。B級戦法を調べていたら出てきて名前に惹かれたのと自分の棋風に合っていそうでしたので最近良く採用しています。ネットや大会などで勝率は6割前後くらいです。

実戦はやはり△6四銀左とされていたら△7五銀がほとんど受からず劣勢だと思います。

魔界四間ですか・・・名前かっこいいですねw

あと単に△64銀は68飛75銀同金同角76銀31角77角で何とか・・・?
なので△86歩の突き捨てが入っていると
76銀の時に飛車に当てて86角と出れますので後手有利と思いました。
まぁヘボの私が言うのだからアテになりませんがww

>DJSRさん
なるほど、たしかに突き捨て入れれば更にリードを広げれそうです。
△8六歩突き捨てにはそっぽだけど▲同銀でしょうか。しかし△6四銀左▲6八飛△7五銀▲同金△同角に対する先手の指し手が難しそうですね。

この戦法は好形に組めれば金一枚で左辺を制圧できるので序盤の駒組が研究課題です。(といいつつ楽観主義なので緻密な研究はしていないというww)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小牧R【1/4(火)】:

« 謹賀新年 | トップページ | 今週の注目対局【1/10~1/14】 »