フォト

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

高校将棋団体戦

昨日は高校将棋団体戦の応援に行ってきました。

東海高校で朝9時半から対局開始ということで家を8時くらいに出ましたが雪が降っていました。

9時頃に東海高校に着いて門の中に入ると2年生の面々が揃っていました。といっても顔が分かるのは2人だけでしたがw 9時15分くらいになるまで顧問の先生が現れず代わりに僕が顧問でとか冗談を言っていましたが先生が到着し事なきを得た。

会場に入ってまず思ったのは凄く良いところで大会やってるな~ということ。僕たちの時はぼろい教室でめちゃくちゃ狭い思いをしながら対局してたのでw


団体戦A級の各校は以下の通り。
1.名電
2.東海
3.瑞陵
4.明和
5.岡崎
6.小牧南

とりあえず驚いたのは東海が陥落していたことと、名電が1位だったこと。しかし3人制の団体戦なので少し強い子が入ればこういう事も起こりえますよね。

小牧南は岡崎に勝ったのみで5位だったためB級2位の伊勢と入れ替え戦になりましたが2-1で勝ちなんとかA級に残留する事ができました。 


僕はと言うとずっと団体戦の応援をしていたわけではなく途中(団体戦4、5回戦)抜け出して高校生の中に混じり中田章道七段に飛車落ちでちゃっかり指導対局を受けていました(笑)

昔同じ場所で2枚落ちで教えて頂き勝っていたので飛車落ちにしました。前日にこういう事もあろうかと【決定版】駒落ち定跡で30分程勉強しましたが、さすがに定跡通りにはいかず、終盤でひよってしまったりもして負けてしまいました。

やっぱりプロの先生と対峙すると歩を渡しすぎないようにとか余計なことまで考えちゃうんですよね。今度別の棋士も含めて指導対局の機会があればオーラ負けしないように気をつけたいところです(・ω・;)

2月26日(土)に栄将棋教室で駒桜会員特権で室田伊緒女流初段に教えて頂きに行く予定なのでそれまでにもう少し勉強しておきますw

今週の注目対局【1/31~2/4】

このコーナーではプロ棋界の一週間(月~金)の注目対局をFahrenheitの独断と偏見で紹介していきたいと思います。※対戦成績は2001年度以降のものです。

2/2(水)

三浦弘行八段vs高橋道雄九段:A級順位戦8回戦
<対戦成績5-0>

※3勝4敗の両者の対戦。両者順位が圧倒的に良いとはいえ降級の可能性は残されている為1つでも星を伸ばしておきたいところです。

郷田真隆九段vs森内俊之九段:A級順位戦8回戦
<対戦成績10-18>

※前節で久保二冠に負けた郷田九段は逆に降級のピンチです。相手は単独トップの森内九段と強敵ですが挑戦争いを面白くするためにも自身のためにも頑張って頂きたいです。

藤井猛九段vs丸山忠久九段:A級順位戦8回戦
<対戦成績9-11>

※負けたら即降級の藤井先生、相手は強敵モグモグ九段ですがなんとか持ちこたえてほしい。しかし対戦成績は拮抗しているように見えますがここ10戦は藤井先生から見て2-8と厳しいです。

久保利明二冠vs木村一基八段:A級順位戦8回戦
<対戦成績7-9>

※木村八段も負けたらほぼ即降級の状況。タイトル戦で忙しい久保二冠のすきを狙って勝つことができるか!?

渡辺明竜王vs谷川浩司九段:A級順位戦8回戦
<対戦成績5-5>

※森内九段が一敗するというキャンセル待ちですが挑戦の可能性を残す渡辺竜王と負けると危うくなってくる谷川九段の対決。森内―渡辺のプレーオフにもつれ込むと竜王が挑戦する気がします。

2/4(金)

羽生善治名人vs窪田義行六段王位リーグ白組1回戦(携帯中継有)
<対戦成績2-0>

※タイトル戦は夏ですが早くも王位リーグ開幕です。窪田先生が登場ですが相手は羽生名人。難敵ですがここを乗り切れば一気に挑戦まであるかも!?(←気が早い) 対戦自体は4回あるようで羽生名人の全勝。戦形は最初の2回が羽生先生のイビアナに窪田先生の振り飛車、あとの2回が相振り飛車のようなので今回も相振り飛車を予想します。

2/6(日)

久保利明棋王vs渡辺明竜王:棋王戦五番勝負第一局(PC中継、携帯中継有)
<対戦成績8-5>

※日曜日に棋王戦五番勝負が開幕します。タイトル戦では初顔合わせとなります。渡辺竜王は居飛車党なので久保棋王先手なら三間飛車、後手ならゴキゲン中飛車のシリーズになると思います。


金曜日にはB級1組順位戦12回戦もあります。一足早く佐藤康光九段がA級復帰を決めていますが残り一枠は誰の手に!?自力の屋敷九段はチャンスです。昇級戦線ライバルの松尾七段との最終決戦が昇級決戦になる予感がしますね。

2011年1月27日 (木)

将棋倶楽部24-その1-

将棋倶楽部24の名人戦で結局のところレーティングを落としているFahrenheitですw
その24名人戦はここまで10勝12敗1千日手(勝ち点42)で48人中24位と予選通過ラインぎりぎりの所にいます。これから対局者も減ってくるので通過できるかどうか怪しくなってきました。

さて今回は24名人戦は関係ないのですが24で指した棋譜からいくつか紹介したいと思います。


1つ目は「対四間飛車桂捨て戦法」です。仕掛けの際に桂損する代わりに飛車先を一方的に突破するという戦法でこれも持ち時間の短い将棋には有効です。仕掛け以降の相手の指し手をいくらか研究しておけば結構使えるのではないでしょうか。対四間飛車への普通の仕掛けに飽きた人は是非使ってみてください(笑)


2つ目は以前から良く紹介している「魔界四間飛車戦法」。中盤以降会心の捌きだったので紹介。


3つ目は「△3三角戦法」。窪田義行先生の「神出鬼没!!窪田流3三角戦法対居飛穴編」を少しずつ読んでいるところで実戦で試してみました。相手の攻めを逆用して中押し勝ちの将棋でした。

本当は「変幻自在!!窪田流3三角戦法」で基本を学んで指したい所なのですが書店にたまたま1冊置いてあったものはカバーがボロボロで買う気がしませんでした。そろそろネットで注文しようかな^^;

2011年1月23日 (日)

今週の注目対局【1/24~1/28】

このコーナーではプロ棋界の一週間(月~金)の注目対局をFahrenheitの独断と偏見で紹介していきたいと思います。※対戦成績は2001年度以降のものです。

1/25(火)

窪田義行六段vs豊島将之六段:王座戦二次予選(携帯中継有)
<対戦成績0-1>

※王将戦を戦っている最中の今旬な棋士豊島六段と我らが(?)窪田先生の注目の一番です。窪田先生後手番なら△3三角戦法が見れるのではないでしょうか。携帯中継も有るので加入されている方は是非!

1/28(金)

谷川浩司九段vs阿久津主税七段:竜王戦2組
<対戦成績6-1>

※新しい竜王戦のトーナメントがぽつぽつと始まっています。谷川先生の光速の寄せに期待(・ω・)

2011年1月19日 (水)

今週の注目対局【1/17~1/21】

このコーナーではプロ棋界の一週間(月~金)の注目対局をFahrenheitの独断と偏見で紹介していきたいと思います。※対戦成績は2001年度以降のものです。

最近さぼり気味のこのコーナー、本当は土日のうちに更新できると良いのだが・・・。

1/20(木)

藤井猛九段vs木村一基八段:王位戦予選決勝
<対戦成績8-3>

※順位戦での一番は藤井九段が制しましたが今回は果たして。相矢倉になるか藤井九段の振り飛車になるかも注目です。

1/21・22(金・土)

久保利明王将vs豊島将之六段:王将戦七番勝負第二局
<対戦成績4-1>

※第一局は暴発気味でしたが今回は豊島六段の鋭い終盤が見られるか。タイに戻して番勝負が面白くなると良いと思います。

2011年1月17日 (月)

A級順位戦

先週は順位戦ウィークでA級順位戦も7回戦5局が行われました。
応援していた棋士が悉く負けもう僕は何も言わない方がいいのではという心境です(´・ω・`)
森内―藤井戦は最後藤井先生に勝ちがあっただけに泣きそうでした。

しかしながら将棋世界誌の毎年恒例A級順位戦予想クイズを今年初めて応募してみようと思っています。昔将棋世界を買っていた頃も一度も出したことがないのですが。というわけで予想(というより希望・願望)を書いてみます。

1位:森内九段(6-3)
2位:渡辺竜王(6-3)挑戦
3位:三浦八段(5-4)
4位:郷田九段(5-4)
5位:久保二冠(5-4)
6位:丸山九段(4-5)
7位:谷川九段(4-5)
8位:藤井九段(4-5)
9位:高橋九段(3-6)降級
10位:木村八段(3-6)降級

ありわらさんを気遣い降級希望は高橋九段、丸山九段も考えましたが丸山九段が落ちるイメージが湧かなかったので木村八段の予想は仕方がなく^^;

兄弟弟子の三浦八段が頑張って藤井九段の降級を阻止するという流れですw

<おまけ>
Photo

妹が部屋に来た時に将棋世界のA級予想クイズの所の写真と名前を見ていて感で当ててみると言いだしたので結果でもw (その後何故か母親にもやってもらいました)

1森内九段:森内 渡辺
2三浦八段:郷田 木村
3木村八段:三浦 丸山
4藤井九段:久保 藤井
5渡辺竜王:渡辺 森内
6郷田九段:木村 高橋
7久保二冠:藤井 久保
8丸山九段:丸山 郷田
9高橋九段:高橋 三浦
10谷川九段:谷川 谷川

一番左が正解。コロンを挟んで左が妹、右が母の回答です。
だから何だって感じですが知名度とかテレビへの露出度とかがなんとなく分かりますね。ちなみに顔と名前が最初から一致していたのは妹が森内九段と谷川九段、母が谷川九段だけです。

2011年1月15日 (土)

新春指し初め将棋大会

1月9日(日)に中日新聞社北館4Fで行われた新春指し初め将棋大会に行ってきました。

1人で行くのも寂しかったので(?)大学将棋部の後輩U田君と高校将棋部の友人海獺氏を誘い3人で参加。私はA級(有段者)、U田君はB級(1~4級)、どちらかというと囲碁メインの海獺氏はC級(5級以下)に出場。

同日同会場で行われていたアマ王位戦を回避してまでA級に出て上位を狙おうと意気込んでいましたが、5局指して3勝2敗と冴えない結果。初戦で負けてしまい3位以上への入賞がなくなってしまったのでその後の対局にも響いてしまいました。参加費が高かっただけあって3勝2敗でも一応敢闘賞ということで将棋のタオルが貰えたのが救いかなw


大会途中のお話ですが2局指して昼御飯を食べた後、午後の再開まで時間があったのでアマ王位戦を覗いてみると「さくら総合研究会」のさんそんさんとメラメラさんに遭遇。小牧Rで知り合ったSさんも王位戦に参加していた。やはり3人とも僕とは違い向上心が高かったです。見習わなければw

午後の対局再開前には新春指し初め大会らしくお楽しみ抽選会がありました。
1等:広瀬王位サイン入り2寸盤1名
2等:扇子10名
3等:将棋カレンダー10名
4等:将棋手帳20名
参加者約160名に対し賞品が40個と倍率4倍くらいだったのですが僕は普通に当たりませんでした。最近買ってるナンバーズも当たらんし運がまったくないなw
ただU田君が将棋カレンダーを貰っていましたので3人中1人当たりなら妥当な線かなー。


5局目開始前くらいに「大会は参加できないけど観戦しに行きます」と言ってた大学将棋部現部長のG.G.が到着。全員終了後に4人で5分切れ負け将棋等をたくさん指しました。G.G.は囲碁専門の海獺氏に負け越すという失態(・ω・;) 

僕がU田君に6連勝した所で帰宅・・・・・しようとしたところで事件が。
僕達4人と一緒に降りてきた方と5人でセキュリティの厳しい館内で出口を間違えてうっかり閉じ込められた(゚ー゚;A
幸い近くに居た職員の方に助けられましたが一歩間違うと夜まで帰れない所でした。その時一緒に居た方はUさんといいますが、変な事がきっかけとなりましたがその後将棋の話で盛り上がり連絡先なども交換して将棋仲間になって頂きました。

将棋の結果は冴えなかったけど最後に良い事があった一日でした☆

2011年1月12日 (水)

今週の注目対局【1/10~1/14】

このコーナーではプロ棋界の一週間(月~金)の注目対局をFahrenheitの独断と偏見で紹介していきたいと思います。※対戦成績は2001年度以降のものです。

しばらく手抜いたりサボっていましたが再開します。DSの「サガ3時空の覇者SOL」にはまっている為更新が遅れ気味なのは内緒(・ω・;)

1/12(水)

三浦弘行八段vs丸山忠久九段:A級順位戦7回戦
<対戦成績7-11>

※今週は順位戦ウィークのようでC級1組以外のすべての順位戦が行われています。中でもA級順位戦が1週間で5局見れるというのは贅沢かも。藤井先生が厳しい状況なので藤井先生が残留できるような展開になって欲しいと思っています。ですのでこの対戦は丸山九段を応援しますw

1/13(木)

森内俊之九段vs藤井猛九段A級順位戦7回戦
<対戦成績11-3>

※王将リーグでは力を出せなかった森内九段ですが順位戦ではその実力を発揮しておりここまで挑戦レーストップ。しかも本局は森内九段の先手。対戦成績も含め良い情報が見当たらないのですが藤井先生には死中に活を見出だして頂きたいです。

久保利明二冠vs郷田真隆九段:A級順位戦7回戦
<対戦成績10-11>

※両者3敗ながら共に森内戦を残しているのが面白い所。7回戦で森内九段が敗れるような事があれば6勝3敗まで挑戦争いに絡んできそうです。

1/14(金)

高橋道雄九段vs谷川浩司九段:A級順位戦7回戦
<対戦成績2-3>

※4連勝のあと2連敗と昨年を思わせる谷川先生の失速ですが年も変わったことですしここから巻き返して挑戦まで行ってもらいたいと思っています。やはり藤井先生の為にも谷川先生を応援しますw

渡辺明竜王vs木村一基八段:A級順位戦7回戦
<対戦成績8-4>

※竜王を防衛し棋王へ挑戦。渡辺竜王はその勢いのまま名人も1期で挑戦してしまうかもしれませんね^^;

窪田義行六段vs安用寺孝功六段:B級2組順位戦8回戦
<対戦成績3-1>

※窪田先生は現在4-3で11位。昇級は厳しいですが来期の為にも良い順位につけておきたいところ。残り3局頑張ってください!

2011年1月 6日 (木)

小牧R【1/4(火)】

1/4(火)の小牧Rに参加しました。今年最初の一般大会です。今年の将棋の目標の1つに一般大会年間100局を挙げたからには積極的に参加していかなければ。

A1、A2、B、CのうちA2級(各自のその時のレーティングにより振り分けられる)に参加。12名によるスイス式システムで4局指しました。

結果は2勝2敗の指し分けでした。
今回は新年初対局ということで1局目を紹介します。

私の先手で相手が居飛車だった為最近良く採用している「魔界四間飛車」に。まだこの戦法に慣れないところも多く試行錯誤中ですが中盤以降は良くなり快勝。
自分よりレーティングの高い人に勝ったりして指し分けでも点数は少し上がったくらいですし負け越さなかったので良しとしましょう(・ω・)


新年初対局は実際にはネットで指しました。
昨年に続き参加の24名人戦です。
1/1正月に指した1局を紹介します。

相手の先手四間に対してパーフェクトディフェンスで対抗。中盤での相手の対応がまずく優勢になってからは押し切りました。桂馬の跳ね違いが2度もでてくるという珍しい事も起こりました。
その後1/2に2局指して2敗で通算1-2に。まだ先は長いので気を取り直して今週の対局を頑張ります。


新年でプロ棋界の対局も少ないのでまたまたこの場を借りて今週の注目対局【1/3~1/9】を。いつもは土日は入れてませんがタイトル戦があるので。

1/6(木)

渡辺明竜王vs広瀬章人王位:棋王戦挑戦者決定戦変則2番勝負第2局(PC中継・携帯中継有)
<対戦成績2-2>※対戦成績は2001年度以降のものです。

※変則2番勝負(敗者復活組の渡辺竜王は2連勝が必要)ですが年末の第1局に竜王が勝ち面白くなりました。再度の相穴熊戦が予想されますがこの1局で挑戦者が決まる為大熱戦が予想されます。

1/8・9(土・日)

久保利明二冠vs豊島将之六段:王将戦七番勝負第一局
<対戦成績3-1>※対戦成績は2001年度以降のものです。

※徳島県鳴門市「大塚国際美術館」にて行われます。連盟のHPには中継情報が全くありませんがまさかないのでしょうか^^;そうだとしたらせっかく土日に行われるのに残念です。
竜王戦では最高峰の戦いが楽しめましたが王将戦の挑戦者は若い豊島六段。私は豊島将棋をあまり知らないのでどのような戦いになるのか良く分かりませんが楽しみです。

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

明けましておめでとう御座います。

将棋ブログ「三元帥の城」を本年も宜しくお願い致します。

新年ということでFahrenheitの今年の将棋に関する目標を記しておこうかと思います。
こういう事は初めてなのですが目標ということでできるだけ具体的に書きます。気が早いですが今年の最後には振り返りもしたいですね。

1.将棋倶楽部24で四段(R:2100以上)になる
やはり今年も一番将棋を指すのは将棋倶楽部24だと思います。昨年はスランプでR:1400くらいしかなかった時期もありましたが10月の長浜将棋まつり以後調子を上げて年末には望外の三段になることができました。まずは三段安定を目標にしたい所ですがそれでは志が低すぎるし目標は高くということで(正直四段はきついと思いますが)。現在は三段(R:1904)。とりあえずは苦手な持ち時間の長い24名人戦で点数の大暴落が起きないように気をつけたいところです(・ω・;)

2.一般の大会で年間100対局する
昨年参加した一般の大会というと東海本部団体リーグ戦・小牧山のミニ大会・小牧R・長浜のイベントでの大会辺りでしょうか。大雑把に数えてみたところ昨年は50局くらい。倍増で厳しいかもですが可能な数字なのでR戦等を増やして100局目標で頑張りたいです。

3.将棋イベントで藤井先生、窪田先生に会う
これは願望(笑)10年間も将棋をやっているのにプロ棋士が来られるイベントにほとんど参加していないというもったいなさ。(7年くらい前の名古屋での名人戦イベントと昨年10月の長浜イベントくらい)今年は積極的に参加したいと思っています。藤井先生、窪田先生是非とも東海圏でのイベントにお越しください♪

4.夏に高校将棋部10周年イベントを行う
昨日大晦日に高校将棋部の友人と遊んでいた時にぽっと出た企画。高校の将棋部なんかは大学と比べ卒業してしまえば直接関係していない後輩との関わりは全くありませんので簡単そうに見えて難しい。しかし私たちが居た頃の先生がまだ顧問をされているようでそこを手掛かりになんとか進めたい所です。予定としては午前から将棋大会・現役vsOBの団体戦等を行い夕飯時に食事会→二次会という感じ。(※ここに来てくれている初代~3代までのOBの方々は是非とも協力+参加してくださいませ☆

その他思いつけばあと1つくらいは後で追加したいと思います。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »